ドラマ版チーム・バチスタを見る

原作者について

海堂尊氏とは

田口・白鳥シリーズを始めとする医療ミステリー作品を基本とした小説を多数発表して、多くの話題をさらったのが『海堂尊』先生だ。医師としては現在、『独立行政法人放射線医学総合研究所重粒子医化学センターAi情報研究推進室室長』としての肩書を持っているという。本名は一般に公開されていないので、表舞台に出ることはありませんが何となく分かるかもしれません。

医師としての活動については現在も行っていますが、現場からは少し遠ざかって研究者としての道を主に歩いている。医師としての誇りや活躍も率先して行っており、その中でも『オートプシー・イメージング(Ai)』がいかに重要なのかを訴えており、社会的にも今後導入していくべきだという活動を続けている。またそれに関連する書籍について本名で執筆・出版しているというから、医師と作家を掛け持ちしているため、中々忙しそうだという印象だ。

先生としても色々気になるところだが、オートプシー・イメージングといわれるものが何なのかについても触れなければならないでしょう。こうした業界について触れるとなったら、一般人には縁遠い話が沢山乱立するので、少しずつ説明していこう。

  • ドラマのおすすめ作品

オートプシー・イメージング(Ai)とは

海堂尊先生の話になるとまずはこのAiについて触れる必要があります。軽く触れましたが、大雑把に言ってしまえば『死亡時画像病診断』と呼ばれるもので、画像診断によって死因を検証する物となっている。どうしてこれを推し進めようとしているのかというと、現在の日本の死亡を検索する際に医学的な検索が不十分だという疑念が先生にあるのかもしれません。

現在の日本では死亡診断をするための手段として、病理解剖と司法解剖、そして行政解剖の3つがある。ただ行政解剖以外については国策としての不作為などもあるが、問題は執刀医の存在だ。日本の医師不足が問題となっているのもあるが、元々解剖医を志す人が少ないというデメリットもあって解剖率の低さに拍車をかけているからだ。病院内で死亡した際にも真の病態や死因を明確にできない事が多く、解剖医をもっと増やしていべきだとする意見も出ているくらいだ。ただ好き好んで人体を解剖したいという人がいるのも流石にどうかと、一般的な意見として持ってしまう。まともな感覚なら、生きていようと死んでいようと、人間の体を引き裂くことを快感とするならその人は殺人者としての道を歩むかもしれないでしょう。昨今では人を殺して解剖してみたいという人が猟奇的な事件を起こしていることもあり、解剖医として勤務するには強靭な精神が必要だろうという背景事情も絡んできそうだ。

その点、Aiを導入することによって画像所見・診断、部検肉眼所見・診断、更に病理組織学的診断を含む最終病理診断を行うことで、正確な死亡時の病態を診断できるように事実なっているのです。

解剖に関する問題

Aiを推し進めるには死因を特定したいというものもあるでしょう、ですが同時にここには残された遺族などが解剖に対して快く思っていないという側面も少なからず絡んでいるのかもしれない。以前、医師について調べていたところ、解剖についても触れたことがあります。そこで気になったので調べてみると、医師の中には進んで解剖をしたいと望んでいる人が多いというのです。ただ場数的にどうしても実戦を踏むことが出来ず、経験が足りない人材が多いという背景も絡んでいる。そんな時、遺族から死因を解明するため解剖の許諾を貰おうと積極的な面も出すそうだ。

遺族としては個人の身体を引き裂くこともそうだが、同時に綺麗な状態で見送りたいという思いもあることから解剖をしても綺麗な状態で戻して欲しいという願いを訴える。当然医師はその期待に答えなければいけないが、医師全てがそのような良心だとは限らない。発展のためという名目を立てて、故人の亡骸を蹂躙するような蛮行を行うものさえいるのだ。そんなことをすれば遺族が医師に対しての不信感を持ち、関係が破綻しかねない。

Aiを導入すれば、そうした遺族との関係も良好なまま締めくくれるケースが増えて、余計な軋轢を生み出さずに済むというわけだ。海堂先生の作品にはそうした患者・遺族・業界全体を通し、1人の医師としての意見を作品に載せて訴えているのがよく理解できるはずだ。

  • 楽しい邦画
  • いつでもどこでもオシャレは意識したいものです。 弊社では事業用不動産でもデザイナーが設計した不動産をいくつも管理・情報を発信しております。 綺麗なオフィスで優雅な仕事なら貸事務所 デザイナーズ系不動産でおまかせ下さい!!

やり過ぎたことも

ただこのAiについては海堂先生はとある教授と一悶着を起こしてしまっている。同じ分野で研究を続けているある教授の研究内容について、先生は『反対の立場からデータを捏造し発展を阻害』しているとして、自身のブログでも批判する主張を展開してしまった。当然そんなことは更々ないとして矛先とされた教授は名誉毀損として先生を告訴する。一審で敗訴、二審でも負けてしまい、最高裁へと上告するが棄却されてしまい、賠償金60万円の支払いが命じられた。

推進するがゆえに色々な思惑が交錯したのかもしれないが、影響力として作家という側面を持つ先生の行いにしては少し軽率であったのは否めない。事実無根と言われてしまった点は不服かもしれないが、社会的に見ても先生の非が明確なのは明らかだ。総合的に見ると、これを機会に今後も励んでもらいたいという感じだろう。

劇場版もいいよ

アナタの希望はここにあるかも!伊勢崎 賃貸のオススメ物件も是非ご検討ください!都市部における住居形態として重みをもつ「マンション」です。