ドラマ版チーム・バチスタを見る

ナイチンゲールは喋らない

お騒がせコンビに振りかかる、次の事件

チーム・バチスタの栄光がヒットしたことで、次作の作品である『ナイチンゲールの沈黙』が刊行された。こちらの作品、田口・白鳥シリーズとしては第2作品目となっていますが、前作との違いとしては院内で起こった事件の他にも、外部で起きた事件に両名が巻き込まれていく形となっている点だ。田口にすればこれ以上面倒事に関わりたくはないと思っていた矢先であったため、最初は断ろうとしたものの、それでも院長からの頼みを無碍に出来ないほど立場も意見すら出来なかった。白鳥にすれば仕事というふうに割りきってはいたが、それでも再度田口と探偵としての責務を全うしようとする意図がある点については、色んな意味で興味深い。何だかんだで衝突はあったが、事件解決をするには互いに必要な存在だというのもあったのかもしれない。ただ大半が田口1人に任せていたら解決出来るものも解決できないから、白鳥に応援を要請したというのが正しいのかもしれない。

そんな2人が再度活躍する『ナイチンゲールの沈黙』とはどんな作品なのか、見ていこう。

  • ドラマのおすすめ作品

作品概要

今作は先のバチスタ事件によって暴かれた故意による医療事故によって東城医大病院としての評判はガタ落ちとなってしまった。事件から9ヶ月後、影響はまだ残っているもののそれでも以前のような隆盛を取り戻しつつあった。その頃はちょうど忘年会シーズンとあって、院内では医師や看護師達による忘年会が行われていた。飲み会が終了した後、小児科看護師の『浜田小夜』と『如月翔子』の2人は、城崎と名乗る男から、『迦陵頻伽』と呼ばれている有名なシンガー『水落冴子』のライブに誘われるのです。

盛り上がるライブの中、突如水落冴子は吐血する事態が巻き起こり、冴子は翔子の判断により田口が当直を務めている神経内科病棟のVIP病室である『ドア・トゥ・ヘブン』に入院することになった。その頃小児科では瑞人とアツシという二人の少年が網膜芽細胞腫を患って入院し、2人のメンタル状態を危惧した看護師長である猫田から田口はケアするように依頼されるのだった。もはやこの時点で明らかに田口の身にまたも面倒事が降りかかりそうな雰囲気が出てしまっているわけですが、それはたちまち現実となってしまいます。

院内ではないが、瑞人の父親が何者かによって惨殺されるというショッキングな事件が発生した。けれど瑞人本人は父親が死んだという事実に淡白で、驚く様子もなく平然と受け止めるのだった。病院と外部、双方で巻き起こる問題はやがて田口にも他人事ではない事態に展開していき、またこの後登場する白鳥も再度田口とのコンビを組まされることに辟易していたのかもしれません。

ただ基本的にはやり取りは、白鳥が関係者を怒らせて、田口が周囲をなだめる役に徹するというスタンスは変わっていない。

2人の存在について

この話において、田口と白鳥というコンビについては病院内でも悪評が出まわる事となってしまいます。それもそうだ、前作のチーム・バチスタの栄光によって、難手術を完遂できるベテランチームを解散へと追い込んだこともあって、疫病神のように見られていた。

そうした雰囲気が出ていたのは、ドラマにおける展開が良い例でしょう。久しぶりに再開した田口と白鳥はそれぞれ皮肉めいた発言をするも調査を行うため被疑者と思われる病院関係者をあたっていると、白鳥がやっぱり医師を逆撫でするように逆鱗へと触れて怒らせてしまう。懲りないなぁと思いながらも、それで解決してしまうのがやっぱり凄いところ。

定番だと言われてしまえばそれまでですが、この頃の段階では田口と白鳥はゴールデンコンビ、というよりはまだまだ凸凹したブロンズコンビといった塩梅といえるかもしれません。

  • 楽しい邦画
  • 効果を発揮するまで時間はかかりません、3PLによる効果によりもたらされる企業の価値は潜在的な部分まで上がること間違い無し! 詳しくお知りになられたい場合は、弊社まで気軽にご相談下さい。

謎な役職

この話から唐突に、田口には『リスクマネジメント委員会委員長』という肩書があることに気づいた人も多いでしょう。これは医療現場で起きた事故や事件、問題点などに対して今後どのように大作をしていくべきかを検討していく委員会となっている組織だ。バチスタ事件以降、田口が諸々の事情を持ってその委員会の委員長として就任する羽目になってしまう。副委員長も存在しているが、田口が委員長になってからというものの欠席も多く、出席しても居眠りをするなどしてやる気が微塵にも感じられない体たらくさだった。

この時には既に患者の愚痴を聞くだけで日々を過ごし、院内の揉め事にかかわらないでいられた田口の平穏な日々は既に形を取っていなかった事がよく分かる。その後も院長から問答無用で問題解決しろとばかりに脅迫めいた依頼が飛んでくるのだから、彼の苦労がどれほどのものか知れたものではない。対して白鳥は話を増すごとに傍若無人ぶりをヒートアップさせているから、面白い意味で2人は物語上で対比されている点を見ると、さらに面白くなる。

劇場版もいいよ